DIO

DIO (汎用IO) は、ファームウェアの制御で任意に入力または出力することができます。

一般に GPIO とも呼ばれますが、本マニュアル中では DIO と呼称します。

汎用IOを用いて以下のことが可能です。

  • デジタル入力 (H または L レベルの読み出し)

    • プルアップ (50kΩ, typ) を設定可能です。

  • デジタル出力 (H または L レベルの出力)

    • 供給または吸い込み電流の最大値(3mA at 3V typ)です。

  • 割り込み(立ち上がり、または、立ち下がり)

    • 立ち上がり、立ち下がりを同時には検出できません。

    • スリープ時にも利用可能です。

ポート番号について

DIO は 0 番から 19 番まで 20 本が割り振られています。これらを順に DIO0 ... DIO19 と呼びます。以下に紹介する API では DIO の番号を直接指定します。

vPortAsInput(10); // set DIO10 as input
bool_t bPort = bPortRead(10);
// TRUE: DIO10 is LO(GND) level
// FALSE: DIO10 is HIGH(VCC) level

負論理について

TWELITE 無線マイコンにおいては、電源投入のリセット時のポート状態は High (Vcc) レベルになるため、TWELITE NET では原則として High(Vcc) レベルを 0, Lo(GND) レベルを 1 としています。

起動時の状態

電源投入時には全てのポートは以下の状態で初期化されます。

  • 入力

  • プルアップ有り

入力

ポートを入力に変更するには vPortAsInput() を呼びます。

#define PORT_DI1 11 // DIO11
vPortAsInput(PORT_DI1);

ポートの状態を読み出すには、bPortRead() を呼びます。

bool_t bPortStat;
bPortStat = bPortRead(PORT_DI1);

出力

ポートを出力に変更するには vPortAsOutput(c) を呼びます。またポートの値を設定するには、vPortSetLo(), vPortSetHi(), vPortSet_TrueAsLo() を呼びます。

#define PORT_DO1 18 // DIO18
vPortSet_TrueAsLo(PORT_DO1, TRUE); // TRUE: set Lo
vPortAsOutput(PORT_DO1);

出力設定を行う前に、ポートの出力設定値を設定しておくことを推奨します。外部からポートの電圧を観察したとき、例えば一瞬GNDに落ちてVccレベルに戻るといった挙動が発生する場合があるためです。

プルアップ

vPortDisablePullup() を呼び出すことで、プルアップを停止することができます。

#define PORT_DI1 11 // DIO11
vPortDisablePullup(PORT_DI1);
vPortAsInput(PORT_DI1);

プルアップを停止することで、以下の場合に省電力化となります。

  • 入力ポートで外部がLoレベル

  • 出力ポートで Lo レベルを設定する

ただし、プルアップを停止したポートでは、以下のような利用に注意が必要です。

  • 入力ポートに何も接続されていない(または相当の状態)

    • 余分な電流消費が発生する場合があります

  • 設定が不要なポートのプルアップ停止

    • 余分な電流消費が発生する場合があります

  • 入力ポートを割り込み起床ピンとた場合

    • ボタン等を接続する場合は、外部のプルアップが必須です。