中継器の実装

中継機の基本的な実装を見ます。

中継器は、ネットワークの要求に応えて中継する機能を提供しますが、中継以外にもセンサー情報の送信といった処理も可能です。原則として常時給電で動作させます。

モジュール定義, include

#define ToCoNet_USE_MOD_NWK_LAYERTREE
#define ToCoNet_USE_MOD_NBSCAN
#define ToCoNet_USE_MOD_NBSCAN_SLAVE
#define ToCoNet_USE_MOD_NWK_MESSAGE_POOL
#define ToCoNet_USE_MOD_DUPCHK
// includes
#include "ToCoNet.h"
#include "ToCoNet_mod_prototype.h"

cbAppColdStart()

アプリケーションIDやチャネルは、ここで決めておきます。また初期化処理等は vProcessEvCore() 関数に記述します。

void cbAppColdStart(bool_t bAfterAhiInit) {
if (!bAfterAhiInit) { // before AHI init, very first of code.
// Register modules
ToCoNet_REG_MOD_ALL();
} else {
// TWELITE NET configuration
sToCoNet_AppContext.u32AppId = 0x12345678;
sToCoNet_AppContext.u8Channel = 18;
sToCoNet_AppContext.bRxOnIdle = TRUE;
// Register user PRSEV.
ToCoNet_Event_Register_State_Machine(vProcessEvCore);
}
}

cbToCoNet_vNwkEvent()

中継機では E_EVENT_TOCONET_NWK_START E_EVENT_TOCONET_NWK_DISCONNECT メッセージを処理します。

void cbToCoNet_vNwkEvent(teEvent eEvent, uint32 u32arg) {
switch (eEvent) {
case E_EVENT_TOCONET_NWK_START:
A_PRINTF( LB"[E_EVENT_TOCONET_NWK_START]");
break;
case E_EVENT_TOCONET_NWK_DISCONNECT:
A_PRINTF( LB"[E_EVENT_TOCONET_NWK_DISCONNECT]");
break;
}
}

cbToCoNet_vRxEvent()

受信方法は単純ネットと大きく変わりません。tsRxDataApp 構造体には違いがあります。

中継パケットは cbToCoNet_vRxEvent() コールバックでは処理されません。中継器に直接届いたパケット(送信専用の子機からパケットなど)を処理します。

void cbToCoNet_vRxEvent(tsRxDataApp *pRx) {
uint8 *p = pRx->auData;
// パケットの表示
if (pRx->u8Cmd == TOCONET_PACKET_CMD_APP_DATA) {
// 基本情報
uint8 u8lqi_1st = pRx->u8Lqi; // LQI
uint32 u32addr_1st = pRx->u32SrcAddr; // 送信元
// データの解釈
uint8 u8b = G_OCTET();
...
}
}

vProcessEvCore()

システム始動時 E_EVENT_START_UP に、tsToCoNet_NwkLyTr_Config 構造体の設定、ToCoNet_NwkLyTr_psConfig() 関数の実行、 ToCoNet_Nwk_bInit() 関数によるネットワークの初期化、ToCoNet_Nwk_bStart() 関数によるネットワークの開始を行います。

設定では中継器の指定(TOCONET_NWK_ROLE_ROUTER)、レイヤー 数、NBビーコンの指定(TOCONET_MOD_LAYERTREE_STARTOPT_NB_BEACON)が必須です。

ネットワーク開始後に、E_EVENT_TOCONET_NWK_START イベントを受け取ります。また、上位ノードをロストした場合 E_EVENT_TOCONET_NWK_DISCONNECT を受け取ります。

static tsToCoNet_NwkLyTr_Config sNwkLayerTreeConfig;
static tsToCoNet_Nwk_Context* pContextNwk;
static void vProcessEvCore(tsEvent *pEv, teEvent eEvent, uint32 u32evarg) {
switch (pEv->eState) {
case E_STATE_IDLE:
if (eEvent == E_EVENT_START_UP) {
memset(&sNwkLayerTreeConfig, 0, sizeof(sNwkLayerTreeConfig));
// layer 数の決定
sNwkLayerTreeConfig.u8Layer = 4;
// NBビーコン方式のネットワークを使用する
sNwkLayerTreeConfig.u8StartOpt =
TOCONET_MOD_LAYERTREE_STARTOPT_NB_BEACON;
// 中継器として始動
sNwkLayerTreeConfig.u8Role = TOCONET_NWK_ROLE_ROUTER;
pContextNwk = ToCoNet_NwkLyTr_psConfig(&sNwkLayerTreeConfig);
if (pContextNwk) {
ToCoNet_Nwk_bInit(pContextNwk);
ToCoNet_Nwk_bStart(pContextNwk);
} else {
// fatal error
}
}
break;
default:
break;
}
}