アドレスの指定

単純ネットの場合

送り主と宛先アドレスの指定方法はロングアドレスとショートアドレスの2種類あります。

ロングアドレス

TWELITE の32bitモジュールシリアル番号(32bit)を指定します。アドレスは ToCoNet_u32GetSerial() API により取得できます。

また、TWELITE モジュールのシールド缶に表示されている7桁の16進数の S/N (シリアル番号) に 0x80000000 を加えたものになります。例えば 1012ABC というシリアル番号の場合は 0x81012ABC となります。

宛先をロングで指定する場合、パケットのペイロードサイズは小さくなります。(パケットの最大長

IEEE802.15.4 規格では、64bit の MAC アドレスを使用しています。32bitモジュールアドレスを元に 64bit MAC アドレスを指定しています。

ショートアドレス

0x0000 〜 0x0FFF までのアドレスを指定できます。アドレスは cbAppColdStart() 関数中で sToCoNet_AppContext.u16ShortAddress に設定します。

同報通信(ショートアドレス 0xFFFF)

同報通信を行う場合に使用するアドレスです。