cbToCoNet_u8HwInt()

解説

ハードウェアの割り込みの割り込みハンドラです。
呼び出し遅延が少ないため、DIO ポートの制御により直接外部ハードウェアを制御するといった目的に利用できます。
割り込みハンドラの処理は最小限にし、速やかに関数から return してください。

引数

名前
詳細
uint32
u32DeviceId
割り込み源
uint32
u32ItemBitmap
割り込みパラメータ

戻り値

解説
uint8
FALSE では cbToCoNet_vHwEvent() を呼び出しますが、TRUE を返すと呼び出しを行いません。
頻繁なタイマー割り込みなどでアプリケーションループに負担をかけたくない場合は TRUE を選択します。

サンプル

1
uint8 cbToCoNet_u8HwInt(uint32 u32DeviceId, uint32 u32ItemBitmap) {
2
uint8 u8handled = FALSE;
3
switch (u32DeviceId) {
4
case E_AHI_DEVICE_TIMER0: // increment countr on TIMER0
5
u32counter++;
6
u8handled = TRUE; // no vHwEvent()
7
break;
8
default:
9
break;
10
}
11
return u8handled;
12
}
Copied!
リンクのコピー