tsRxDataApp (中継ネット)
中継ネットでパケットを受信した時に cbToCoNet_vRxEvent() に渡される構造体。
単純ネットと共通の構造体です。中継ネット、単純ネットどちらかでしか使用されないメンバーもあります。
定義名
解説
uint8 u8Cmd
パケット種別。送信元で任意に指定できます。データ用、コマンド用といった区分けに使います。値域:0-7
uint8 u8Len
ペイロード長。後述の au8Data[] に格納されるデータ長。
uint8 u8Seq
シーケンス番号。送信元で任意に設定できます。重複パケットの判定などに使用します。値域: 0-255
uint32 u32SrcAddr uint32 u32DstAddr
送信元、送信先アドレス。拡張アドレスが格納されます。
uint8 auData[]
ペイロード。送信元で任意に設定できます。
uint8 u8Lqi
受信品質 LQI 値。中継されてきた場合は、最後の中継機のパケットの受信強度になります。値域:0..255 (受信時の電界強度に対応し 0 が最弱、255 が最強)
uint8 u8Tick
受信時のミリ秒カウンタ
uint8 u8Hops
中継ホップ数(直接受信した場合は 0)
uint8 u8RouteXOR
中継経路の中継機のアドレスの XOR 値で中継経路の推定に使用します。 直接受信した場合は 0 となり、0x812345670x82345678 の中継機を経由した場合、0x81 0x23 0x45 0x67 0x82 0x34 0x56 0x78 の XOR 値 0x18 が格納されます。
uint8 u8Lqi1st
最初の中継機が受信したときの LQI 値が格納されます。
uint8 bSecurePkt
パケットが暗号化されていた場合 TRUE になります。この時点で既に auData[] は平文に復号されています。このメンバーが FALSE で受信されたパケットの処理をしなければ、平文パケットを無視し、より安全な暗号化パケットのみを処理することになります。

Can I become who I want to be?

That's a tough question but thankfully, our team is on it. Please bear with us while we're investigating.

Have you had a chance to answer the previous question?

Yes, after a few months we finally found the answer. Sadly, Mike is on vacations right now so I'm afraid we are not able to provide the answer at this point.
最終更新 3yr ago