ToCoNet_vDebugInit()

解説

TWELITE NET のデバッグメッセージ出力の初期化を行います。
指定した UART 出力は、アプリケーションの出力と共用で利用され、アプリケーションの出力の間にデバッグメッセージが出力されます。
Makefile にてTOCONET_DEBUG1に設定して、ビルドを実行します。
デバッグメッセージは TWELITE NET の内部開発向けで、出力書式等については開示しません。問題の解析等を行う際に、お客様に出力をご連絡いただく場合があります。

引数

名前
詳細
tsFILE*
pSer
UART出力先を定義した構造体へのポインタ。

戻り値

なし。

サンプル

1
#include "serial.h"
2
#include "fprintf.h"
3
4
tsFILE sSerStream; // use for fprintf
5
tsSerialPortSetup sSerPort;
6
7
void initser() {
8
//... setup serial port
9
sSerPort.u8SerialPort = E_AHI_UART_0;
10
//...
11
SERIAL_vInitEx(&sSerPort, pUartOpt);
12
13
// setup fprintf
14
sSerStream.bPutChar = SERIAL_bTxChar; // lib function
15
sSerStream.u8Device = E_AHI_UART_0; // UART0
16
17
// setup TWELITE NET debug message.
18
ToCoNet_vDebugInit(&sSerStream);
19
ToCoNet_vDebugLevel(0); // start with no debug message.
20
}
Copied!
リンクのコピー