ToCoNet_vDebugLevel()

解説

TWELITE NET のデバッグ出力レベルを変更する。
レベルは 0 が出力なしで、最大5です。大きくなればなるほど、多くのメッセージが出力されます。
ToCoNet_vDebugInit() により初期化します。
Makefile にてTOCONET_DEBUG1に設定します。
デバッグメッセージは TWELITE NET の内部開発向けで、出力書式等については開示しません。問題の解析等を行う際に、お客様に出力をご連絡いただく場合があります。

引数

名前
詳細
uint8
u8lvl
新しいデバッグ出力レベル。(0: 出力なし、1...5: 出力あり)

戻り値

なし。

サンプル

1
// get a serial input byte.
2
case 'd': case 'D':
3
_C {
4
static uint8 u8DgbLvl;
5
6
u8DgbLvl++;
7
if(u8DgbLvl > 5) u8DgbLvl = 0;
8
ToCoNet_vDebugLevel(u8DgbLvl);
9
10
vfPrintf(&sSerStream, "set NwkCode debug level to %d.", u8DgbLvl);
11
}
12
break;
Copied!
リンクのコピー