ToCoNet_vMacStart()

解説

MAC 層の初期化処理を行います。
スリープ起床したとき、無線の送受信を行わず、マイコン処理のみを行う場合は、本関数を呼び出さずに実行します。
起動時にcbAppColdStart() , cbAppWarmStart() で、TRUEを引数とした2回目の呼び出し処理部の末尾に通常は記述します。
cbAppColdStart(), cbAppWarmStart() 以外での呼び出しについては、問題が発生しうる内部設計ではありませんが、動作については未定義とします。必要に応じて、一旦スリープを実行し、スリープ復帰後に無線送信を実施するようにしてください。
sToCoNet_AppContext.u8MacInitPending を設定した場合は、本関数は呼び出しません。

引数

なし。

戻り値

なし。

サンプル

1
void cbAppWarmStart(bool_t bStart) {
2
if (!bStart) {
3
// very initial call
4
} else {
5
// initializing...
6
7
// finally start the MAC layer
8
ToCoNet_vMacStart();
9
}
10
}
Copied!
リンクのコピー