Version.mk について
Version.mk ファイルは、各ターゲットの Source ディレクトリに格納し、Makefile から参照され、出力ファイル名のバージョンなどの決定に使用されます。
以下のように指定します。
1
VERSION_MAIN = 1 ← 主バージョン(0-255)
2
VERSION_SUB = 3 ← 副バージョン(0-255)
3
VERSION_VAR = 10 ← ビルドなどの派生(0-255)
Copied!
Makefile は Version.mk から以下のコンパイルオプションを追加します。
上記の例ではコンパイル時に -DVERSION_MAIN=1 -DVERSION_SUB=3 -DVERSION_VAR=10 を追加します。
SDK 2013/11版までは Version.h が生成されましたが省略されます。ソース中で Version.h をインクルードしている場合は、Version.h を空ファイルにする、またはインクルードしないようにしてください。
リンクのコピー