ToCoNet_Nwk_bPause()

解説

中継ネットを中断する。
スリープを実行するまえに呼び出します。

引数

名前
詳細
pContextNwk
中継ネットの内部情報を管理する構造体。

戻り値

詳細
bool_t
TRUE: 成功、FALSE: 失敗

サンプル

1
static tsToCoNet_NwkLyTr_Config sNwkLayerTreeConfig;
2
static tsToCoNet_Nwk_Context* pContextNwk;
3
...
4
case E_STATE_IDLE:
5
if (eEvent == E_EVENT_START_UP) {
6
if (u32evarg & EVARG_START_UP_WAKEUP_RAMHOLD_MASK) {
7
// RESUME
8
ToCoNet_Nwk_bResume(pContextNwk);
9
} else {
10
// 始動時の処理
11
memset(&sNwkLayerTreeConfig, 0, sizeof(sNwkLayerTreeConfig));
12
sNwkLayerTreeConfig.u8Role =
13
TOCONET_NWK_ROLE_ENDDEVICE;
14
// ネットワークの初期化
15
pContextNwk =
16
ToCoNet_NwkLyTr_psConfig_MiniNodes(&sNwkLayerTreeConfig);
17
18
if (sAppData.pContextNwk) {
19
ToCoNet_Nwk_bInit(pContextNwk);
20
ToCoNet_Nwk_bStart(pContextNwk);
21
}
22
}
23
...
24
case E_STATE_APP_SLEEP:
25
if (eEvent == E_EVENT_NEW_STATE) {
26
// 中継ネットのポーズ処理を行う
27
ToCoNet_Nwk_bPause(sAppData.pContextNwk);
28
29
// 周期スリープに入る
30
// - 初回は5秒あけて、次回以降はスリープ復帰を基点に5秒
31
vSleep(5000, TRUE, FALSE);
32
}
Copied!
リンクのコピー