TWELITE SDK (MWSDK) マニュアル
TWELITE SDK は、モノワイヤレス株式会社が製造販売する TWELITE (トワイライト) 無線モジュールのファームウェアをビルドするための環境を提供します。本資料では MWSDK と記述することもあります。
TWELITE によるアプリケーションの書き換えやプログラミングを行う場合は、まず以下を参照ください。
詳細
TWELITE STAGE
ビルド、書き込み、ビューア(ターミナルや簡易モニタなど)を、一つのアプリで行えます。
MWXライブラリ
setup(), loop() を定義するより単純なプログラミングを行うためのC++ライブラリです。
TWELITE SDK (MWSDK) には以下が含まれます。
  • コンパイルを行うためのツール群 (gcc, make など)
  • TWELITE NET ライブラリ
    • マイコンなどの低水準ライブラリを含む
    • mwx ライブラリ
    • その他、ライブラリ
  • TWELITE SDK マニュアル(本資料)
    • MWSDK ディレクトリや MWSDK全般の解説。
    • TWELITE STAGEを用いずに、アプリを書き換えたり、ソースコードからビルドする方法。
    • ファームウェア書き換え方法についての詳細。
    • 無線パケットや中継ネットワークについての解説。
    • TWELITE NET C ライブラリの API についての解説
      • イベントループなど内部処理の解説。

本資料の記載内容について

下記に関する用語については、文中では特に説明を行っていません。
  • C言語によるマイコン開発について
  • bash, make などコマンドラインの利用
  • gcc ツールチェインの利用

本資料の表記について

  • ディレクトリ(パス)区切りを / (スラッシュ) で統一します。Windows では \ (バックスラッシュまたは円マーク) ですが、読み替えて下さい。
  • 表中で \ ( バックスラッシュと空白) の2文字を挿入している場合があります。表示時に途中改行を促すものです。(例: veryVeryLong\ DefNameveryVeryLongDefName と読み替えてください。
最終更新 1mo ago