ToCoNet_Event_vKeepStateOnRamHoldSleep()

解説

スリープ復帰時に指定した状態を保持します。

ユーザ定義イベント処理関数の第一引数 teEvent *pEv に対し pEv->bKeepStateOnSetAll = TRUE をセットします。

引数

名前

詳細

tsEvent *

pEv

ユーザイベント定義関数の管理構造体。

戻り値

なし。

サンプル

処理を行い、条件が満足しなければ短いスリープを実施し、条件が成立したら特定の処理を行う例です。例えばセンサーのAD完了待ちなどを複数回行うような場合です。

void cbAppColdStart(bool_t bInit) {
if (bInit == FALSE) {
...
} else {
...
ToCoNet_Event_Register_State_Machine(vProcessEvCore);
}
}
void vProcessEvCore(
tsEvent *pEv,
teEvent eEvent,
uint32 u32evarg) {
static bool_t cond;
switch (pEv->eState) {
case E_STATE_IDLE:
; // some task
ToCoNet_Event_SetState(pEv, E_STATE_APP_RUNNING);
break;
case E_STATE_APP_RUNNING:
/*
* 1: 本状態への遷移、E_EVENT_NEW_STATE での処理を行う
* 2: cond のチェック、FALSE なら、スリープを実行
* TRUE ならE_STATE_APP_TX_REQUEST へ遷移。
* 3: スリープからの起床 E_EVENT_START_UP での処理を行い、
* 2: の処理を実行
*/
if (eEvent == E_EVENT_NEW_STATE) {
// 状態遷移直後に実行される
cond = ...; // update
}
else if ((eEvent == E_EVENT_START_UP)
&& (u32evarg & EVARG_START_UP_WAKEUP_RAMHOLD_MASK)) {
// ToCoNet_vSleep() の起床時に呼び出される。
cond = ...; // update
}
// 条件の確認
if (!cond) {
ToCoNet_Event_vKeepStateOnRamHoldSleep();
ToCoNet_vSleep(E_AHI_WAKE_TIMER_1,
50, FALSE, FALSE);
} else {
ToCoNet_Event_SetState(pEv, E_STATE_APP_TX_REQUEST);
}
break;
case E_STATE_APP_TX_REQUEST:
... // transmi a packet
break;
}