tweterm.py

本プログラムは pyftdi (https://github.com/eblot/pyftdi) ライブラリサンプルスクリプト pyterm.py に TWELITE 用のファームウェア書き込みスクリプトを組み込んだものです。以下の機能があります。

  • TWELITE 用ファームウェアの書き込み (TWELITE R/MONOSTICK)

  • シリアルポートでの動作振る舞いの確認

本スクリプトの OS X での実行には Python3 インタプリタが必要です。コマンドライン環境ならびに Python インタプリタの取り扱いに慣れた方を対象とします。

本スクリプトを Linux で動作させるには同等のパッケージ (libusb-dev, pyserial, pyftdi) を用意します。コマンドライン環境ならびに Python インタプリタの取り扱いに慣れた方を対象とします。

  • 参考環境:Ubuntu 16.04 (i386 32bit), Python3.5.2 / Ubuntu 18.04 (x86-64 64bit), Python 3.6.5

保証・ライセンス

本パッケージ内で、ライセンス上特別な記述のないものは、モノワイヤレスソフトウェア使用許諾契約書を適用します。

本ソフトウェアについては、モノワイヤレス株式会社が正式にサポートを行うものではありません。お問い合わせにはご回答できない場合もございます。予めご了承ください。

不具合などのご報告に対してモノワイヤレス株式会社は、修正や改善をお約束するものではありません。

また導入パッケージなどお客様の環境に依存して動作しない場合もございます。

# Copyright (C) 2017 Mono Wireless Inc. All Rights Reserved.
# Released under MW-SLA-*J,*E (MONO WIRELESS SOFTWARE LICENSE
# AGREEMENT)

動作環境・必要パッケージ

  • Mac OS X または Linux

  • python3.5 以降

  • libusb

  • pyserial

  • pyftdi

開発環境

以下の環境で開発、動作確認を実施しました。ただし、これら環境で動作を保証するものではありません。

環境

Mac OS X 10.11.6, Python3.5.1 (2018/05)

Ubuntu 18.04, Python3.6.7 (2018/05)

Mac OS X 10.14.2, Python3.7.2 (2019/01)

インストール

パッケージのインストール

OS X
Linux

以下では、Homebrew を用いた新しく全パッケージをインストールする例をご紹介します。

Homebrew

Homebrew をインストールします。

/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

Python3

$ brew install python3

libusb

$ brew install libusb

pyserial

$ pip3 install pyserial

pyftdi

$ pip3 install pyftdi

お使いのディストリビューションのパッケージ導入法を調べてください。以下のパッケージが必要です。

  • python3.5 以降 (多くの場合導入されています)

  • libusb-dev

  • pyserial

  • pyftdi

パッケージ導入コマンド例。

$ sudo apt-get install libusb-dev
$ sudo apt-get install python3-pip
$ pip3 install pyserial
$ pip3 install pyftdi

実行

TWELITE SDK をインストールしたディレクトリを ${TWELITESDK} と記載します。

スクリプトは以下になります。

${TWELITESDK}/Tools/tweterm/tweterm.py

スクリプトに実行許可を与えます。

$ chmod +x ${TWELITESDK}/Tools/tweterm/tweterm.py

必要に応じて環境変数 PATH に追加しておきます。

$ PATH=${TWELITESDK}/Tools/tweterm:$PATH

利用方法

USBドライバのアンロード

libusb と OS のドライバが競合するため、ドライバをアンロードしておきます。

OS X
Linux

FTDI 関連のドライバをアンロードします。

$ sudo kextunload -b com.apple.driver.AppleUSBFTDI

ドライバのアンロードは不要です。

エラーが出る場合は、ドライバをアンロードを試してみてください。

$ sudo rmmod ftdi_sio
$ sudo rmmod usbserial

コマンドパラメータ

パラメータ

解説

-p ftdi:///? または -p

デバイス一覧を表示します。

-p [デバイス名]

デバイスを指定します。

ftdi:///1 他にデバイスがない時。

ftdi://::MW19ZZUB/1 シリアル番号による指定。`

-b [ボーレート]

ボーレートを指定します。

-b 115200 115200bps を指定。

-F [ファームウェア]

ファームウェアを書き込みます。

-F App_Twelite.bin ファイル名が App_Twelite.binを書き込みます。

--no-color

文字のカラー出力を抑制します。

--no-term

ファームウェアの書き込みのみを実施しターミナルを開きません。

キーボード操作

Ctrl+C キーを入力することで制御プロンプトを表示し、いくつかの特別な操作が可能です。それ以外の場合は、直接 TWELITE 無線モジュールに入力文字列が送付されます。

入力キー

解説

Ctrl+C Ctrl+C

ターミナルを終了します。

Ctrl+C Ctrl+R または Ctrl+C r

TWELITE 無線マイコンをリセットします。

Ctrl+C Ctrl+I または Ctrl+C i

インタラクティブモードへ遷移する + + + コマンドを入力します。インタラクティブモード対応ファームウェアのみ有効です。

Ctrl+C A

書式の解釈を開始します。TWELITE無線マイコンからの出力とキー入力に対して、アスキー形式の解釈を行います。

Ctrl+C B

書式の解釈を開始します。TWELITE無線マイコンからの出力に対してバイナリ形式の解釈を行います。キー入力はアスキー形式で解釈します。

Ctrl+C N

書式の解釈を停止します。

書式解釈中は TWELITE からの電文は解釈できた電文のみ表示し、キーボードの入力はエコーバックされますが、アスキー形式の電文が完成した時に TWELITE に送付されます。

[実行例]

実行例中では、適宜改行を挟んでいます。

エラーが発生する場合は、シリアルポートの権限の問題かもしれません。root権限(sudo等)で実行します。

<最初にデバイスがリストされるかを確認します>

$ tweterm.py -p ftdi:///?
Available interfaces:
ftdi://ftdi:232:MW19ZZUB/1 (MONOSTICK)
Please specify the USB device

<ファームウェアを書き込んでターミナルを起動します>

以下の例では App_UART (UART 通信アプリ) を書き込み、起動メッセージを確認しています。

$ tweterm.py -p ftdi://ftdi:232:MW19ZZUB/1 -b 115200 -F ../App_Uart_Master_RED_L1101_V1-2-15.bin
*** TWE Wrting firmware ... ../App_Uart_Master_RED_L1101_V1-2-15.bin
MODEL: TWEModel.TWELite
SER: 102eebd
file info: 0f 03 000b
erasing sect #0..#1..#2..
0%..10%..20%..30%..40%..50%..60%..70%..80%..90%..done - 10.24 kb/s
Entering minicom mode
!INF TWE UART APP V1-02-15, SID=0x8102EEBD, LID=0x78
8102EEBD:0>

<Ctrl+Cを入力すると制御プロンプトが表示されます>

*** r:reset i:+++ A:ASCFMT B:BINFMT x:exit>

<続けて i を入力します。インタラクティブモードに入ります>

*** r:reset i:+++ A:ASCFMT B:BINFMT x:exit>[+ + +]
--- CONFIG/TWE UART APP V1-02-15/SID=0x8102eebd/LID=0x00 -E ---
a: set Application ID (0x67720103)
i: set Device ID (121=0x79)
... <省略>

通常通り + + + と3回入力しても同じ結果になります。

<書式の解釈の例:App_UART をバイナリ形式に設定しておきます>

インタラクティブモードで m B Enter S と順に入力します。

--- CONFIG/TWE UART APP V1-02-15/SID=0x8102eebd/LID=0x00 -E ---
a: set Application ID (0x67720103)
i: set Device ID (121=0x79)
c: set Channels (18)
x: set RF Conf (3)
r: set Role (0x0)
l: set Layer (0x1)
b: set UART baud (38400)
B: set UART option (8N1)
m: set UART mode (B)*
h: set handle name [sadkasldja]
C: set crypt mode (0)
o: set option bits (0x00000000)
---
S: save Configuration
R: reset to Defaults
!INF Write config Success
!INF RESET SYSTEM...

<書式の解釈の例>

以下の例ではApp_UARTがバイナリ形式で入出力を行ないます。Ctrl+C B を入力します。

*** r:reset i:+++ A:ASCFMT B:BINFMT x:exit>
[FMT: console ASCII, serial BINARY]

この状態では入出力は書式形式となります。キーボードの入力はアスキー形式、 TWELITE からの電文はバイナリ形式として解釈します。

TWELITE からの電文を受け取る例を示します。一番簡単な方法は TWELITE をリセットします。Ctrl+C r を入力します。

*** r:reset i:+++ A:ASCFMT B:BINFMT x:exit>[RESET TWE]
[dbf1677201030001020f008102eebd0000]

出力された [dbf...] がTWELITEからの電文で実際は0xdb 0xf1 0x67... と続くバイナリ列になります。

反対に TWELITE に電文を送る場合はアスキー書式で入力します。:7800112233AABBCCDDX と入力します。 ここでは ペイロードが 0x7800112233AABBCCDD のデータをバイナリ形式で TWELITE に送付しています。直後に応答として [dba18001] が戻ってきています。

:7800112233AABBCCDDX[dba18001]

<終了します>

Ctrl+C Ctrl+C を入力します。

*** r:reset i:+++ A:ASCFMT B:BINFMT x:exit>[
[EXIT]
Bye.