ToCoNet_bRegisterAesKey()

解説

通信時に用いる暗号化鍵を設定します。

この処理はシステム起動時の E_EVENT_START_UP イベントに記述します。稼働途中での変更はできません。

鍵自体を暗号化する事は出来ません。EEPROM への保管・ファームウェア読み出しにより解析されてしまうことを防ぎたい場合は、鍵の秘匿化のためのアルゴリズムを含めるようにしてください。

暗号化については AES128 を利用していますが、詳細は非公開です。

復号化のための確認として 16bit のチェックサムをパケットのデータ中に追加します。このため格納できるデータ量は2バイト少なくなりますが、パケットの識別性は高くなります。

引数

名前

詳細

uint8 *

pu8Key

16バイトの鍵データへのポインタ

tsCryptDefs *

sCryptDefs

予約(NULLを指定します)

戻り値

詳細

bool_t

TRUE: 鍵が登録できた。 FALSE: 鍵の登録に失敗した。

サンプル

const char *pu8enckey = "abcd1234VWXY7890";
ToCoNet_bRegisterAesKey(pu8enckey, NULL);