EEPROM

TWELITE 無線マイコン内蔵の EEPROM を利用する手続きです。

最大 64x56=3584 バイト利用可能です。

定義

#include "eeprom_6x.h"

EEPROM_6X_USER_SIZE

利用可能な最大バイト数 (64x60 バイト, 残領域はシステム予約です)

EEPROM_6X_SEGMENT_SIZE

EEPROM のセグメントサイズ (64バイト)

EEPROM_6X_USER_SEGMENTS

EEPROM のセグメント数

関数

EEP_6x_bRead()

EEPROM の読み出しを行います。

bool_t EEP_6x_bRead(uint16 u16StartAddr, uint16 u16Bytes, uint8 *pu8Buffer);

引数

名前

詳細

uint16

u16StartAddr

読み出し開始アドレス(バイト)。

uint16

u16Bytes

読み出しバイト数。

uint8 *

pu8Buffer

読み出しデータを格納するバッファ。

戻り値

詳細

boot_t

TRUE なら読み出しは成功、FALSE なら失敗。

EEP_6x_bWrite()

EEPROM に書き込みます。

bool_t EEP_6x_bWrite(uint16 u16StartAddr, uint16 u16Bytes, uint8 *pu8Buffer);

引数

名前

詳細

uint16

u16StartAddr

書き込み開始アドレス(バイト)。

uint16

u16Bytes

書き込みバイト数。

uint8 *

pu8Buffer

書き込みデータを格納するバッファ。

戻り値

詳細

boot_t

TRUE なら読み出しは成功、FALSE なら失敗。

サンプル

#include "eeprom_6x.h"
// read
if (EEP_6x_bRead(0, sizeof(tsSaveDat), (uint8 *)psSaveDat)) {
bRet = TRUE;
}
// write
psSaveDat->u32Magic = FLASH_MAGIC_NUMBER;
psSaveDat->u8CRC = u8CCITT8((uint8*)&(psSaveDat->sData), sizeof(tsSaveDat));
if (EEP_6x_bWrite(0, sizeof(tsSaveDat), (uint8 *)psSaveDat)) {
bRet = TRUE;
}
// clean up
uint8 au8buff[EEPROM_6X_SEGMENT_SIZE];
memset (au8buff, 0xFF, EEPROM_6X_SEGMENT_SIZE);
bRet = TRUE;
for (i = 0; i < EEPROM_6X_USER_SEGMENTS; i++) {
bRet &= EEP_6x_bWrite(i * EEPROM_6X_SEGMENT_SIZE,
EEPROM_6X_SEGMENT_SIZE,
au8buff);
}