受信
パケットの受信は常にコールバック関数 cbToCoNet_vRxEvent() の呼び出しによって行われます。パラメータとして tsRxDataApp 構造体へのポインタが渡されます。この構造体の内容を参照し、アプリケーションの各処理を実施します。
本関数の終了(return)を遅延させるべきではありません。通常無線パケットは一般でも最短で 1ms 程度の間隔をあけて伝達されますが、これを超えた長時間の遅延により、無線パケットの取りこぼしが発生するかもしれません。
最終更新 8mo ago
リンクのコピー