tsRxDataApp
無線パケットの受信時にcbToCoNet_vRxEvent()に渡される構造体。
定義名
解説
uint8 u8Cmd
パケット種別。送信元で任意に指定します。データ用、コマンド用といった区分けに使います。値域:0-7
uint8 u8Len
ペイロード長。後述の au8Data[] に格納されるデータ長。(最大パケットサイズ
uint8 u8Seq
シーケンス番号。送信元で任意に設定します。重複パケットの判定などに使用します。値域: 0-255
uint32 u32SrcAddr uint32 u32DstAddr
送信元、送信先アドレス。0-0xFFFF の範囲はショートアドレスモード、0x8000000 以上は拡張アドレスによる送受信を示します。0xFFFF はブロードキャスト(同報)通信になります。
uint8 auData[]
ペイロード。ペイロード長分のデータが有効(最大パケットサイズ
uint8 u8Lqi
受信品質 LQI 値。値域:0..255 (受信時の電界強度に対応し 0 が最弱、255 が最強)
uint8 bSecurePkt
パケットが暗号化されていた場合 TRUE になります。この時点で既に auData[] は平文に復号されています。
uint32 u32Tick
受信時のタイムスタンプ(u32TickCount_ms)
リンクのコピー