NB SCAN
NB SCAN (Neighbour Scan) は、近隣のノードを探索する目的で使用します。
探索を行うノードは、応答要求の同報通信を行います。これに周囲のノードが応え、応答のあったノードの一覧を報告します。探索されたノードは LQI の順にソートされます。
単純ネットのみ利用可能。
比較的通信が安定し、通信量も少ない条件では探索の成功率が高くなりますが、条件が悪化すると全く探索できなくなる場合もあります。
条件の悪い場所では、存在を知らせるべきノードが定期的に同報通信によるビーコンパケットを送信し、探索側がこのビーコンを受信しながら近隣ノードの存在を確認する実装を行います。

定義

探索する側はToCoNet_USE_MOD_NBSCANを、探索される側はToCoNet_USE_MOD_NBSCAN_SLAVEを定義しておく。
1
// define modules
2
#define ToCoNet_USE_MOD_NBSCAN
3
#define ToCoNet_USE_MOD_NBSCAN_SLAVE
4
5
// includes
6
#include "ToCoNet.h"
7
#include "ToCoNet_mod_prototype.h"
Copied!

関数

ToCoNet_EnergyScan_bStart()

近隣探索を開始します。
1
uint8 ToCoNet_NbScan_bStart (uint32 u32ChMask, uint16 u16Dur_ms)
Copied!

引数

名前
詳細
uint32
u32ChMask
探索するチャネルマスク(ch16のみなら 1UL<<16 を指定、ch16,17なら 1UL<<16|1UL<<17 を指定)
uint16
u16Dur_ms
各チャネルの探索時間。おおむね 50ms 以上を推奨値とします。

戻り値

詳細
boot_t
TRUE なら要求は受け付けられ、FALSE なら要求は受け付けられなかった。

ToCoNet_NbScan_bStartToFindAddr()

特定アドレスのノードを見つける目的で、近隣探索を開始します。
1
uint8 ToCoNet_NbScan_bStartToFindAddr (uint32 u32ChMask, uint32 u32Addr)
Copied!
同じチャネルのノードが存在するかは、MAC Ack 付きのパケット送信を試みれば確認できますが、ノードのチャネルの設定が不明である場合に利用します。

引数

名前
詳細
uint32
u32ChMask
探索するチャネルマスク(ch16のみなら 1UL<<16 を指定、ch16,17なら 1UL<<16|1UL<<17 を指定)
uint32
u32Addr
探索するノードのロングアドレス

戻り値

詳細
boot_t
TRUE なら要求は受け付けられ、FALSE なら要求は受け付けられなかった。

イベント

結果は cbToCoNet_vNwkEvent() より E_EVENT_TOCONET_NWK_SCAN_COMPLETE イベントにて報告されます。イベント引数には tsToCoNet_NbScan_Result 構造体へのアドレスが指定されます。
1
case E_EVENT_TOCONET_ENERGY_SCAN_COMPLETE:
2
_C {
3
uint8 *pu8Result = (uint8*)u32arg;
4
}
Copied!
pu8Result の値
[0]
計測されたチャネル数 [N]。
[1]
計測された一番若い番号のチャネルレベル。
[2]
次に若いチャネルレベル。
... [N]
Nまで続く。
レベルは 0..255 の値を取り、0 が最弱、255が最強となる。値が高いほどノイズの多いチャネルとなります。

構造体

tsToCoNet_NbScan_Result

近隣探索の結果を格納する構造体。
uint8
u8found
見つかった数。
uint8
u8scanMode
探索方法。
uint8
u8IdxLqiSort
LQI に順に並べたときのsScanResultのインデックス
tsToCoNet_NbScan_Entitiy
sScanResult[NBSCAN_MAXLIST]
探索されたノード情報

u8scanModeのビットマップ

ビットマスク
解説
TOCONET_NBSCAN_NORMAL_MASK
ToCoNet_EnergyScan_bStart()による探索
TOCONET_NBSCAN_QUICK_EXTADDR_MASK
ToCoNet_NbScan_bStartToFindAddr()による探索

tsToCoNet_NbScan_Entitiy

近隣探索で発見された各ノードの情報を格納した構造体。
名前
解説
uint32
u32addr
ロングアドレス。
uint16
u16addr
ショートアドレス。
uint8
u8ch
発見されたノードの設定されたチャネル。
uint8
u8lqi
発見されたノードのLQI。
uint8
bFound
探索に成功した場合は TRUE、失敗した場合は FALSE

サンプル

1
// define modules
2
#define ToCoNet_USE_MOD_NBSCAN
3
#define ToCoNet_USE_MOD_NBSCAN_SLAVE
4
5
// includes
6
#include "ToCoNet.h"
7
#include "ToCoNet_mod_prototype.h"
8
9
void cbToCoNet_vNwkEvent(teEvent eEvent, uint32 u32arg) {
10
int i;
11
switch(eEvent) {
12
case E_EVENT_TOCONET_NWK_START:
13
break;
14
15
case E_EVENT_TOCONET_NWK_SCAN_COMPLETE:
16
_C {
17
tsToCoNet_NbScan_Result *pNbsc = (tsToCoNet_NbScan_Result *)u32arg;
18
19
if (pNbsc->u8scanMode & TOCONET_NBSCAN_NORMAL_MASK) { // 通常探索による結果
20
// 全チャネルスキャン結果
21
for(i = 0; i < pNbsc->u8found; i++) { // 見つかった数
22
// LQI 順に取り出す
23
tsToCoNet_NbScan_Entitiy *pEnt =
24
&pNbsc->sScanResult[pNbsc->u8IdxLqiSort[i]];
25
if (pEnt->bFound) {
26
// エントリが見つかった
27
// pEnt->u8ch(チャネル),
28
// pEnt->u32addr(ロングアドレス),
29
// pEnt->u16addr(ショートアドレス),
30
// pEnt->u8lqi(LQI値)
31
}
32
}
33
} else if (pNbsc->u8scanMode & TOCONET_NBSCAN_QUICK_EXTADDR_MASK) { // アドレス指定探索の結果
34
if(pNbSc->u8found) {
35
tsToCoNet_NbScan_Entitiy *pEnt = &pNbsc->sScanResult[0];
36
// 見つかった場合は一つだけなので最初の要素を取り出す。
37
// pEnt->u8ch,
38
// pEnt->u8lqi(LQI値)
39
} else {
40
// 見つからなかった
41
}
42
}
43
}
44
break;
Copied!