PANIC
PANIC は、 TWELITE NET がシステム動作の継続を不可能と考えた場合に発生し、ネットワークイベントして通知されます。

PANIC構造体定義

1
typedef struct {
2
bool_t bCancelReset; //!< TRUE を格納するとリセットをキャンセルする
3
uint8 u8ReasonCode; //!< 要因コード
4
uint32 u32ReasonInfo; //!< 要因の補助情報
5
string strReason; //!< 要因の文字列情報
6
} tsPanicEventInfo;
Copied!

PANIC 処理の参考コード

1
void cbToCoNet_vNwkEvent(teEvent eEvent, uint32 u32arg) {
2
switch(eEvent) {
3
case E_EVENT_TOCONET_PANIC:
4
if (u32arg) {
5
tsPanicEventInfo *pInfo = (void*)u32arg;
6
V_PRINTF( “PANIC! %d/%s“, pInfo-> u8ReasonCode, pInfo->strReason);
7
pInfo->bCancelReset = TRUE;
8
// TRUE を設定すると、直後にリセットしない。
9
// ただしその後の動作は未定義である。
10
} break;
11
...
Copied!

PANIC 要因のID

TOCONET_PANIC_TX_FAIL_COUNT
MAC層内で送信処理の失敗が継続した。通常想定しないエラーです。