ディレクトリ構成
TWELITE SDK は、インストール先のディレクトリを基準にして、所定の場所にソースコードなどプロジェクトファイルを格納するように用意されています。
SDKインストールディレクトリを含め、ディレクトリ名・ファイル名は英数文字 a-z A-Z 0-9 _ -と拡張子を区切る . ピリオドとし、空白・その他特殊記号や多バイト圏文字列(日本語など)が含まないようにしてください。
ディレクトリ
内容
.../MWSDK
TWELITE SDK の最上位ディレクトリ。
.../MWSDK/ChipLib
半導体ライブラリ
.../MWSDK/License
モノワイヤレスソフトウェア仕様許諾書
.../MWSDK/MkFiles
makefile ライブラリ
.../MWSDK/Tools
toolchain、書き込みツールなど
.../MWSDK/TWENET
TWELITE NET ライブラリ
.../????_libTWENET
libTWENETUtils ソースコード
.../MWSDL/Wks_TWELITE
アプリ・サンプルのワークスペース

Wks_TWELITE ワークスペースについて

ワークスペースを格納するディレクトリはMWSDK 直下で、かつ、後述する Makefile の相対ディレクトリも変更してはいけません。
.../MWSDK/{ワークススペースディレクトリ}/{プロジェクトディレクトリ}/{構成ディレクトリ}/Build/Makefile
プログラムをビルドするためのワークスペースには、複数のプロジェクトが格納されています。Wks_TWELITE 内に格納されるプロジェクトは各々個別のアプリケーションをビルドするものです。
1
.../MWSDK/Wks_TWELITE/ProjectName1/...
2
.../MWSDK/Wks_TWELITE/ProjectName2/...
3
...
Copied!
プロジェクト内は以下のような構成になっています。
1
.../ProjectNameX/
2
Variant1/ : 構成1(var1)のビルド
3
Source/ : var1 特有のソースコード
4
Build/ : 生成バイナリの格納場所
5
Makefile : var1 の生成ルール
6
Version.mk : var1 のバージョン情報
7
Variant2/... : 構成2
8
Common/ : 構成間共通のソースなど
Copied!
    同じプロジェクトでも、構成が一つのみの場合もあれば、親機・子機・中継機と構成が別れたソースコードになる場合もあります。
最終更新 2yr ago